横浜クレヨン法律事務所

労働問題の事ならお任せください

ご挨拶


 

こんにちは。横浜クレヨン法律事務所代表弁護士の鈴木 晶です。
当サイトに訪れていただき、ありがとうございます。

日本では、労働問題が大きな注目を集めています。
長時間労働や残業代・退職金の未払い、さらには不当解雇やパワハラなどの被害にあっていながら、
泣き寝入りを余儀なくされる労働者も大勢いるのです。

大きな力を持つ企業・雇用主に対しては、個人の力では十分に立ち向かえません。

 

弁護士とともに労働者の権利を勝ち取りましょう。

不当解雇・退職勧奨

法律上、会社はそう簡単に従業員を解雇できません。会社に大きな損害を与えたなど、一定の理由が必要なのです。正当な理由なく従業員を解雇することを「不当解雇」といいます。たった1回の遅刻やミスが原因で解雇されてしまった場合は、明らかな不当解雇です。弁護士にご相談いただいて裁判を起こせば、高い確率で勝訴できます。

一方、会社側も対策を取っていないわけではありません。不当解雇で訴えられないよう、退職届を提出させたり退職合意書にサインをさせたりして、表面上は自主退職したことにするのです。「君は当社に向いていない」「解雇になれば経歴に傷がつくぞ」などといって、強引に自主退職を迫ることもあります。これを「退職勧奨」といいます。

もし退職合意書にサインをしてしまえば、あとで覆すのは困難です。会社をやめたくない時は、毅然としてその意思を伝えなければなりません。それでも執拗に退職勧奨が行われる場合は、不法行為として損害賠償請求の対象となります。会社から圧力をかけられているなら、迷わず弊社にご相談ください。

残業

日本では、サービス残業や長時間労働が社会問題になっています。毎日会社のために遅くまで働いても、残業代がもらえなければ報われません。さらに、長時間労働が常態化すれば、過労死につながるおそれもあります。残業代請求や適正な労働時間の要求は、労働者に認められた権利です。自分や家族の生活と命を守るため、少しでも疑問点があればご相談ください。

労働災害

労働災害とは、職場での事故などによる負傷・疾病・死亡のことです。また、長時間労働による過労死や、セクハラ・パワハラ・職場いじめなどによる精神障害も、労働災害と認定されることがあります。

労働災害の被害者は、労働災害保険の給付請求や、損害賠償請求が可能です。しかし、会社が請求に応じてくれるとは限りません。また、企業イメージの低下を避けるために「労災隠し」が行われることもあります。損害を回復させて元通り働くためにも、労働災害が起きたら弁護士へご相談いただくのがおすすめです。

弁護士紹介

 

氏名 鈴木 晶
所属弁護士会 神奈川県弁護士会
注力分野 労働・雇用、交通事故
医療問題【詳しくはこちら
対応体制 初回面談無料/休日面談可/夜間面談可/電話相談可
お問い合わせ

 

ご相談、サービスについてのご質問やご要望がございましたら、
下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

送付いただいた内容を確認の上、担当者からご連絡させていただきます。

お問い合わせ内容(必須)
サービス依頼その他

お名前 (必須)

フリガナ (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

ご住所

メッセージ本文

画像認証(必須)

上記画像内の文字を入力して下さい

お知らせ